FF14と俺

FF14のBeliasサーバーで活動しているコルヌスのブログです!

今期のアニメが多すぎて何を見ればいいのか分からないコルヌスです!

ffxiv_20181017_002912

今週の消化で武器箱貰ってオメガ両手剣を手に入れました!
これで全層イキリオレンジに出来そうです(';')
タンク頭とタンク手が未だに箱から出てこないのは問題ですが・・・。
来週どっちを交換しようか悩みどころ!




零式の攻略も終わって一段落。
以前の記事の際にバハ鯖へ派遣していたRP用のコルヌスをレベリングしました!

・・・全然ロールプレイはしてないんですけどねw

ちなみにこのキャラを長時間触るのは、
パッチ3.5以来だったりします。

パッチ3.5といえば、拡張前の暇な時期でした。
しかし、今ぐらいの時期が本当はサブキャラ育成に適しておりまして、

最もILの高い新式装備が安値で買えて、最前線に並べるんです!

ffxiv_20181015_160027

ffxiv_20181015_160049

バハ鯖だと10万前後で1部位買えました!
普通の鯖でも1部位20~25万前後じゃないでしょうか。
バハ鯖でも胴だけは20万ぐらいと何故か高かった・・・。

レベリング途中のクエスト報酬でもらえる装備は基本的にマケボで売却、
天眼のマテリジャがある時は優先してもらっておいて、これもマケボで売却。

これだけでも結構ギルを稼げるんですよねー。

レベル70になったらとりあえずIL380の装備を買えるだけ買って装備!




4.0のメインクエをクリアしたら、オメガ編解放!
ついでにメインクエを4.1まで進めて、
獄之蓋、白虎、ガンエン廟、朱雀と解放していきました。

今はノーマルレイドルレがあるので、オメガ編ノーマルもある程度シャキる・・・はず。
タンクなのでどの層も待ち時間5分程度でしたが、DPSだとどうなんでしょうね。


その後は朱雀武器を取る前に極朱雀を周回してたら犬を取っていた・・・。
メインでは笛を見たことすらなかったんですが?

その後は零式1層、2層を箱要りません、クリア者歓迎!
みたいなPT募集に入ってクリアしました。
今週は箱を捨てて、来週から本気出すの精神です!

野良の2層はやっぱりDPSが厳しいです。
禁断とかもしたいところですが、クラフターのレベルが上がってないし、
ギルも新式購入で使ってしまったので確定穴を嵌めるぐらいしか出来てません。

今のオメガ両手剣持ったメインキャラで零式2層を試し切りした所DPS4650ぐらいで、
サブキャラだとDPS3900ぐらいでした。
やっぱりタンクは装備が全て・・・!


ffxiv_20181015_160710

3層はIL制限が382~とかになってる事が多くてなかなかPTに入れません・・・。
自分でPT建ててみるのもありかもしれませんが、
マクロ通りの動きが出来るかちょっと心配なんですよねw

そんな感じで、Gaiaワールドのバハ鯖で時々活動しているので、
見かけたらよろしくお願いします!

最近無双OROCHI3にすばらしきこのせかいを掛け持ちしてやってるコルヌスです!

無双OROCHIの方はシナリオクリアしたし、
武器もそれなりに属性付けたので暇なときにボチボチやるくらいでしょうか。

すばらしきこのせかいは元々DSのゲームというのもあるけど、
操作しにくいのが難点ですね・・・。
ストーリーは続きが気になる展開の連続で楽しいです!

ってそんな話は置いといて、

10/3に無事アルファ編零式4層を踏破できました!

ffxiv_20181003_223513

ffxiv_20181003_223724

出てきた装備は忍者武器とヒラ胴。
固定内で使える装備で一安心といった所ですねw

真ん中でシンクロみたいなポーズしてるのは、
氷と共に舞うのエフェクトを消して撮った奴です。
俺はエモート持ってないので羨ましい!

勝利の余韻に浸りながらも今回のレイドを思い出して、
感想を書いていきたいと思います。
(余韻といっても先週の話ですが・・・)



まずは1層から!
FF1のボス、カオスですね。
デバフ欄が全てのボスでした・・・。
1層からギミック把握が難しくて、
今回はデルタ編やシグマ編より難しそうだなーとひしひしと感じましたね。

DPSチェックは装備さえ揃っていれば割と大丈夫でした。
原作でも4属性の技で攻撃してきたみたいですねー。
原作は未プレイなのでDFFとかでしか戦ったことありませんでしたw



2層、ミドガルズオルム。
タンク的には一番嫌なボスでした・・・。
最初の天地開闢で地のデバフが付くと通しDPSが下がっちゃうんですよねw

ギミック面では魔法障壁の処理に一番手間取りました。
というか今も手間取っていますね・・・。
最後のヒートテイルではなくて、
その前のマーカー対象者に火を吐いてくる奴で受け渡しが遅くて事故が多いw

タンクのデバフの付き方によっては、
テイルエンドに回せるバフが足りなくなっちゃったりして、ランダム性がかなり高いですね。

小ネタですけど、
ミドガルズオルムの技は過去に戦ったドラゴン系のボスと同じ技ばっかり使ってきます。

バハムート:アースシェイカー、エクサフレア
フレースヴェルグ:テイルエンド
ニーズヘッグ:アクモーン、ヒートテイル、マーカーつけて火を吐くアレはIDで無詠唱で使用
神龍:アクラーイ、プロトスター
広がっていく氷の床を設置するのはファイブヘッドドラゴンでありましたよね。

本来の大技であるベータはどこへ行ったんでしょうか・・・w



ffxiv_20181003_231136

3層はオメガ。(画像はキメラ)
初見の時はここでオメガかーって感じでしたねw

技は大体FF5準拠ですね!
初のFFが5だったので感慨深いものでした。
ロケットパンチのバリエーションが多くてビックリしましたけどw

うちの固定では3回目のロケットパンチをLB3で受けるやり方で倒しました!
MT的には2層より楽な感じがしますねー。
ST的には移動が多すぎて大変そう。
DPS詰めるならブラスターの線はレンジが取って、
ナイトでその後のアトミックレイをかばうと良いらしいですが・・・。

暗黒の場合は大ダメージ技のマスタードボムに2個ずつぐらいはバフを回せるので、
合間合間で見切りとアウェアネス使ってなんやかんやする感じ。

1,2層の難易度は今までのオメガ編の中では高かったですが、
3層の難易度は割と横並びな気がします。



ラストの4層はオメガMとオメガF。
更に零式ではオメガの真の姿と戦いました。

前半は中盤からずっと2体の敵を抱えて戦う、珍しいタイプのボスですね。
マップ外から攻撃してくる目の出現位置もランダムだったりで、
すごい極ナイツっぽいなーと思いながら戦ってました。

1体ずつの技を見せて、後半で複合技がバンバン飛んでくるのは、
律動2層→律動4層みたいな流れと似ているかも?

後、このオメガMとオメガFのデザインは、
FF11の最後の拡張パッチのパッケージ絵と、
旧FF14のコレクターズエディションのパッケージ絵のキャラクターがモチーフとの噂です。

ffxiv_20181010_005743


bg_ad


005

うーん、オメガFはまんまそれっぽいですね!

オメガMとFを倒した後、
2体が再び合体して変化するんですが、
アルファであり、オメガであるってセリフを言うんですよね。
FF11の最後のパッケージと
FF14の始まりのパッケージのキャラクターが合体したと考えると、
なるほどな?と思ったりもします。




ffxiv_20181010_005925

合体後のオメガはハローワールドさえ上手く出来るようになれば、
後はそこまで難しくない感じですね。

120分の制限時間内でオメガMとFをサッサと倒して合体後の練習に移らないと行けなかったので、
2回目のハローワールドを超えられるようになるまでは、
戦闘開始カウントを5秒や7秒でやっていましたw

大縄跳びギミックが8割ぐらいあって、誰かがミスると即ワイプ。
ワイプ後、またすぐカウントしてトライ&エラーで挑みまくり、
装備が壊れてしまうこともありました・・・w

当初目標だった2週間でのクリアは出来ませんでしたが、
3週目でなんとか超えられて良かったです!

4週目もサクサクっとクリアして、
DPS全員に武器が行き渡ったので次からの箱は全力でロットします!



また、今回は零式4層がかなり早い段階でコンテンツリプレイが解放されたのもあって、
SSを撮るのにオススメ!

グループポーズの機能や早送り、巻き戻しの機能が無くなったので、
シャッターチャンスを逃すと見直すのがかなり難しいのが困りどころですねw

ffxiv_20181010_005329

ハウジングのマネキンを触り始めたコルヌス・ドッグウッド。

ffxiv_20180927_013253
(これはトームストーンを触っているコルヌス・ドッグウッド)

今回は4.4で実装されたマネキンの小技を見つけたので紹介したいと思う。

事の発端は、前回触れたセット販売の仕様には目を瞑り、
とりあえずマネキンを6体置いてボアジャーキンを着せた所から始まった。

ffxiv_20180927_005245

脚の水着の主張が激しすぎないか???

そこで、とりあえずアンダーシャツとパンタレットを履かせてみる。

ffxiv_20180927_004723

これなら脚装備も目立たず、ボアジャーキンが主役に見える。
(決してグループポーズのおかげで見栄えが良くなっている訳ではない)

しかし、このように見栄えを良くするには問題点がある。

マネキンの見た目を変更するには、
リテイナーの販売枠を必ず使用する必要がある。

いちいちリテイナーの販売枠に、
パンタレットやアンダーパンツを入れなくてはならないという事だ。

これでは無駄にボアジャーキンを出品できる数が減ってしまう!

そこでコルヌスは、
リテイナーの販売枠を使わずにマネキンの見た目を変えるという仕様の穴を見つけた。

ffxiv_20180927_004829

まずはマネキンの見た目を作る作業が必要だ。
今回はボアジャーキン+下着という非常に簡単な物。

一つ、注意点として、
全てマケボに出品できる装備でないと今回の小技は使えない。

理由は簡単、
このリテイナーの販売枠に入れたくない装備を誰かに買ってもらう必要がある為だ。

ffxiv_20180927_004740

こちらの画像を見てもらいたい。
マネキンにパンタレットを2つ装備させ、1ギルで販売した所、数時間後に売れていた。

パンタレットの下にSOLDOUTの文字が表示されているが、
マネキンの見た目は変わっていない事が画像から確認出来るだろう。

そして、次はリテイナーの販売枠を見てみよう。

ffxiv_20180927_005105

パンタレット2つを含め、20/20になっていたマケボの出品枠が、
18/20になっている。

つまり、パンタレットが売れた分だけ枠が開いたのである。
(ちなみに見切れているボアジャーキンの上は全てボアジャーキンである)

今回の小技を簡単にまとめると、

1.リテイナーの販売枠を使い、マネキンの見た目をマケボで販売できる装備で整える

2.安価で販売したり、友人に購入してもらった後すぐ返してもらうなどして、
 誰かに購入してもらう

3.空いたリテイナーの販売枠で更に他のマネキンの見た目を整えるなり、
 好きに利用出来る

以上でマネキンの見た目を整えつつ、
リテイナーの販売枠を節約する小技の紹介は終わりだ。

ちなみに、
SOLDOUT状態になった装備をクリックしたり、
〇ボタンを押したりすると、装備選択画面になるため、見た目がリセットされる。

見た目を変更したくない場合は絶対にSOLDOUTになった装備に触らないよう気を付けて欲しい。

昨今のオシャレ装備など、高価な物でマネキンを飾りつつ、
こちらの技を使いたい場合は1ギルで出品などせず、
ある程度高額で友人に頼んだり、サブキャラを使って購入すると比較的安全だと思われる。
マネキンで販売している物は税がかからないので即返金すればよい。

マネキン1体の全身コーデをした後、まとめて販売枠を開けたい!といった場合は、
セット販売で出品して購入してもらえば恐らく問題ないはずだ。
セット購入はハウジングへ訪れないと出来ない為、このやり方の方が安全かもしれない。




ここまで書いて、俺の想いは伝わっただろうか――。

ffxiv_20180927_015544

ボアジャーキン買って下さい!着てください!

なんだかんだパッチ後ある程度落ち着いてきたコルヌスです!


落ち着いたらスマホをいじりだす最近の若者達。
零式3層はギミックが難しかったけどDPSチェックはそこまできつくは無かった印象。
みんなミス無く生きてれば勝てる!

零式4層は前半からギミックが難しい・・・。
ギミックごとの密度を凝縮した極ナイツみたいな感じですねw

現在の装備はこんな感じです!

ffxiv_20180924_172016


ffxiv_20180924_172008

オメガの足は固定のナイトさんに譲っていただきました!
ありがたく使わせていただいています!

トークンリセットで創世胴と交換する予定なので、
新式胴は1週目でおさらばですね・・・。

胴→脚→帯の順で交換する予定ですが、
今週、来週分で脚が3層で手に入れば帯から先に交換するかも?




戦闘面の話は置いておいて、

ffxiv_20180920_022358

ハウジングをほんのちょっぴり触りましたw
なんかいい感じにマネキンも置いてみました!
しかし内装は全然触ってないのでただ置いただけの状態です・・・w

こちらの装備、セット販売で出しているのですが、
セット販売するとマケボの一覧にデフォルトで乗らないという落とし穴が・・・。

ffxiv_20180924_164635

例えばこちら、マケボでボアジャーキンの検索をしてみます。
セット販売のアイテムはデフォルトの状態では表示されていません。

ffxiv_20180924_164647

そこで、右上の漏斗のようなマークを押すと、こちらの絞り込み設定が出てきます。

セット販売の装備品を非表示

こちらのチェックボックスがマケボで装備品を開く度(重要)に勝手にチェックされており、
毎回チェックを外さないとセット装備は表示されないという仕様・・・。

ffxiv_20180924_164655

チェックを外したらこんな感じで出てきます。

せめて、セット販売の商品が非表示の状態でもあるかないかだけでも書いてくれれば、
本当に買いたいものがあった時に確認が楽に済むのですが・・・。

セット販売するとリテイナーの出品欄も圧迫してしまうので、
上手い事改善してくれると嬉しいですね。




現状、暇なときはET奴隷でギャザラーをやってます!

ffxiv_20180924_171825

ドラヴァニアンパプリカとか、
新しい食事作るのに必要なんですよねー。

アラーム機能がゲーム内についたので、
どこへ行って何段目を掘ればいいのかも分かりやすい。
3.xの未知や伝説だと勝手にリーチゲージが消えてくれるので、
何段目かって確認はいらないんですけどねw

今度は薬湯作るために黄昏の霊砂も掘らなくては・・・。



いつもの両手剣蒐集も進めております!

ffxiv_20180925_015636

制作武器で追加されたニーズヘッグの両手剣!

ffxiv_20180925_015949

グループポーズで移動中のポーズが撮れるようになったので、
SS撮影が捗ります!




各グランドカンパニーにも武器が追加されていて、
とりあえず黒渦の両手剣を入手しました。

ffxiv_20180925_021841

個人的に現在実装されている両手剣の中でもかなり好みの部類ですねw
装備するためにはグラカン縛りがあるのが難点なんですが、
今後撤廃されたりしないでしょうか・・・。

残るグラカン武器もゆっくり集めていきたいと思います!
勿論、残りの零式武器やトークン武器もコンプリートするつもりです!

その為にも、まずは今週も1~3層までサクッと消化を頑張ります!

メンテ中もわくわくが止まらないコルヌスです!
だが仕事だ。

いよいよ本日パッチ4.4ですね!

とりあえずトークン類はカンストさせて準備しておきました!

普段の衣装もちょっぴり変更!

ffxiv_20180917_0034292

パッチが出る度に脚と足は良く変わるんですが、
手装備はなかなか良いのが実装されず・・・。

胴と頭はほぼ固定されてますねw




75201ead5bdaad9254111db771d97ffa1d7bb8cb_12

4.4から実装されるこちらのマネキン。
とりあえずミコッテの男女のみ実装のようで・・・。

後はルガとララのマネキンが実装されたら概ねカバー出来そうな感じだけど、
立ちポーズとかも変えられるみたいだから全種族実装して欲しいですねー。

ffxiv_20180917_000807

とりあえずこんな感じの衣装をセット売りしようと考えてます!
タンク68~用になりますけどねw

販売用に2セットぐらい置いといて、他は展示用で設置するつもり!

もちろん全部ボアジャーキンコーデだよ♡

おそらく展示に使う場合でも、
装備品を直接マネキンに装備させる感じになってるっぽいですね。

ミラージュプレートをそのまま展示出来るようになったらいいんですが、
現物だと割と手間がかかりそう・・・。

全身コーデするとリテイナーの出品枠10枠も使うわけですから、
なかなかデカイですしね・・・。

今後のアップデートに期待!




ffxiv_20170909_165028

バトル関連だと侍と黒よりも赤魔がかなり強化されてて驚きでした。
レベル60までの侍と赤は、
DPSが他より飛び抜けてるので、
60コンテンツなどをシンクして遊ぶ時とかはめちゃくちゃオススメです!
レベル50だと侍は方向指定すら関係ないですからね・・・。

また、ナイトと占星はパッセと運命の輪が即発動になるのは普通に強化ですねー。
一瞬発動すれば3秒くらいは効果が残る訳ですし、
今までと違ってすぐ動けるのでリキャ腐らせないようにしないと。

暗黒のソルトアースは・・・あんまり変わらないかなw
ID等でソルトアースを使って雑魚を釣ったり出来るぐらい?
DoTが確実に7回入るようになってるのかも。



メンテ明けにまずやる事と言えば、

ギャザクラの必要素材のチェック!
そして、新式とオメガN、創世装備のサブステ比較!朱雀武器もついでに見る!

って感じでしょうか。
その後にアルファ編解放、朱雀解放って感じにしようと思います。

サブステ吟味はタンクだと左側だけ見ればいいので楽ですねー。
胴はオメガNの物は実質除外。
脚も1週目は取れないので微妙かもしれないですね。

とりあえずクリ重視で次点意思>不屈>SSみたいな感じで選んでいこうと思います。
最終装備は後から考えます!


もろもろが終わったら地図、ゴールドソーサー、ハウジングに手を付けていく予定!

うーん、楽しみですね!

ffxiv_20180917_003429


↑このページのトップヘ