FF14と俺

FF14のBeliasサーバーで活動しているコルヌスのブログです!

去年のヴァレンティオンデーの記事でいじり倒されたコルヌスです!
その時の記事は今見ても割とぶっ飛んでる・・・。

というわけで、
エオルゼアはヴァレンティオンデーの時期ですね。
イベント内容はすごくあっさりしていたんですけどたまにはこういうのも楽でいいかもw

追加された新エモート、

「愛を表現する」


その会得方法は自分の気持ちを素直に伝えるコト――。


Baidu IME_2017-2-12_17-34-12


Baidu IME_2017-2-12_17-34-58

愛には表現方法が色々あると思うんですけど、
ハートを飛ばして相手に伝えるっていうのがファンタジーらしいですよねw

まあ実際飛ばし合っている人達を見ると、

Baidu IME_2017-2-12_17-36-37

(・_・)

こんな顔になるんですけどね・・・w


しかし!
今年の俺は去年と違って今年は運命を誓った仲がいるんですよ!

Baidu IME_2016-9-14_13-30-46

Baidu IME_2016-9-14_13-31-12


そんな彼のために、今年は贈り物を用意しました!





こちらです!




ffxiv_dx11 2017-02-13 21-38-04



これなら一緒に食べることもできるし、
全てケーキを食べきったあとも2度美味しい!


脱衣ブロックゲームみたいな奴ですね!

想像以上にフィット感があって自分でも驚いています・・・。




ffxiv_dx11 2017-02-13 22-31-21


想像以上にヴァレンティオンデーネタが思いつかなくて、

自分も驚いています。


そして、


ffxiv_dx11 2017-02-13 22-31-35



この誰得なエモート時の顔に更に驚きました!




ヒルディイベントの時のを参考に作られたのかな?
ネタとしては面白いんですが、エオ婚とかしてる人達の評判はどうなんでしょうねw


うーん、来年にはもっとインパクトありそうな話やネタを考えておきたいですねw
プリンセスデーはアイドルポーズが手に入るっぽいのでそっちはいろいろ考えられそうで楽しみ・・・。

その前に、
3.55も2/28に決まったみたいで、更に来週にはファンフェスですよ!
楽しみが盛りだくさんで嬉しい限りです!

皆さんもヴァレンティオンケーキon自分を試してみてくださいね!

ffxiv_dx11 2017-02-09 17-54-05

ぼくのなまえはうり坊。


ゼルファトルで飼われていた所を冒険者さんに助けてもらったんだ。
その後なんだかよくわからないけど、ぼくは売られちゃったらしい。

ffxiv_dx11 2017-02-09 17-56-08

この人が今のぼくの親。

なんでぼくを買ったのかは分からないけど、
エサも良くくれるし、散歩にも連れて行ってくれるし今の生活には満足してる。

この前は革細工ギルドっていうところに連れて行ってもらって、
いろんな物を見てきたよ。

ffxiv_dx11 2017-02-09 17-09-22

革細工ギルドは思ったよりもスペースが広くてゆったりしたところだった。
今の家の2倍は広いんじゃないかな。

草花を置いて少しでも華やかに見せる工夫がされているみたい。

ffxiv_dx11 2017-02-09 17-14-18

入り口には大きな革が置いてあって、
かばんや靴が並んでいる。

親が言うには今の家にはこういったものは置けないらしい。
とても残念がっていた。

ffxiv_dx11 2017-02-09 17-12-44

奥の部屋ではギルドのマスターが取り仕切っている。
みんなそれぞれ作業をしていて忙しそうだった。

この革がかばんや靴になるのだから驚きだ。
ヒトってすごい。

ffxiv_dx11 2017-02-09 17-51-22

革細工ギルドを参考にして作られた今の家。
革細工らしさが全く無いと裏で囁かれているらしい。

ffxiv_dx11 2017-02-09 17-52-08

まるで病院の待合室みたいだと、親は言っていた。
病院というのは行ったことがないけどどんなところなんだろう。

ffxiv_dx11 2017-02-09 17-52-28

部屋の隅にはある絵が飾られている。

革細工ギルドの絵だ。

ffxiv_dx11 2017-02-09 18-07-09

作業しているヒトたちがいて、ギルドのマスターが映っている。
かばんがあって、奥には大きな革がある。

ffxiv_dx11 2017-02-09 18-17-56

「革細工・・・ボアジャーキン普及協会・・・」

親が独り言をつぶやいている。
何かいいアイデアは思いつくのかな。


「革・・・」




ffxiv_dx11 2017-02-09 18-19-44






ffxiv_dx11 2017-02-09 18-15-06

どうも!ハウジングを改装中のコルヌスです!
後ろのよろず屋の人が何やってんだこいつって顔で見てきます!

今は内装を革細工ギルドっぽくしようと色々考えてます。

その理由というのが、

ffxiv_dx11 2017-02-09 18-18-42

ずっと前から家にこんなこと書いてたからですねw


普及協会たらしめる内装というのがイマイチ想像できなくて、
やっぱりボアジャーキンを作る環境というのがいいのかなあ、
からの革細工ギルドみたいな内装という発想です。


安直ですね!


ところで、

意外とボアジャーキンって売れるんですよ?
大体1万ギルぐらいですがw

時々作ってはマケボに流してます!



ffxiv_dx11 2017-02-09 18-02-19

そんな制作中に一息。

こんな時に癒してくれるペットとか居たらいいですよねー。




ffxiv_dx11 2017-02-09 18-03-02

「・・・前まで居たじゃないですか」

「うーん、まあ今もそこに居るんだけど、ね――」





ffxiv_dx11 2017-02-09 18-04-03



ミニオン
うり坊




ワイルドボアの幼獣。

――ある日の朝。

ffxiv_dx11 2017-01-25 00-22-56

ffxiv_dx11 2017-01-25 00-22-00

うーん、なんか体が縮んでいるような・・・。
(服も縮んでるような・・・)

ffxiv_dx11 2017-01-29 03-26-52

まあいっか(二度寝)

-完-


ってそうじゃなくて、

ララフェルになってみたコルヌスです!

ffxiv_dx11 2017-01-25 00-27-28

固定メンバーがどんどんララフェルになってたので便乗してララフェルになってみました!
操作感とか変わるかなーと思ったんですけどあんまり変わりませんねw

続いて、ちょっと気になってたイベントシーン。

ffxiv_dx11 2017-01-29 03-31-20

Baidu IME_2016-7-29_17-42-16

こちらは昨年夏の妖怪ウォッチイベントのイベントシーンです。


カメラの角度は大体一緒ですけどポーズとか表情とか結構違うんですよね。
他にもシーンによっては自キャラの全身入れなきゃいけないし、
種族によって1つのシーンでも色々調整されてるんでしょうね。

先ほど操作には問題がないといったんですけど、
ララフェルになってボアジャーキンを着てる間は良かったのですが、

ffxiv_dx11 2017-02-02 00-38-01

肌を出した装備が似合わない!!

ffxiv_dx11 2017-02-02 00-38-01

どんな種族にも似合う装備、ボアジャーキン
レベル43から全ジョブ装備可能ですぞ!

ffxiv_dx11 2017-01-25 00-31-30

エモートは勝ちどきを上げるがお気に入り。

ララフェルだとぴょーんと飛び上がるんですよね。

ffxiv_dx11 2017-01-22 20-55-47

ffxiv_dx11 2017-01-22 20-34-34

固定メンバーもこんな感じになってたんですけど、
一人、また一人と再び幻想してたので元のミドランに戻りましたw

・・・あれ、どうしたんですか?
俺の後ろにララフェル以外に何かがいる?

フェアリーの見間違いじゃあないですか?
おかしいなあ・・・。



そんなこんなで、たまには幻想薬も楽しいですねー!
安くはないので時々なら・・・またいつかやってみよう!

また2月から覚えることがたくさんあるコルヌスです!
でも、ニーアとか3.55とかファンフェスとかも楽しみ!

さて、今回は、

アニマウェポン「クロノス」のお話です。

この武器の名前に注目して欲しいんですけど、

英語版のスペルだと「Cronus」なんですよ!

俺の名前は「Cornus」・・・たった一文字の違いなんです!



だからどうした!!



ええ・・・まあ・・・運命を感じるなあと・・・。

ちなみに元はFF11の鎌として実装されてたみたいで、
ギリシャ神話のクロノスって人物がそのまま名前に使われてるみたいですね。
その神話では父の性器を鎌で切り取ったらしいです・・・。


そっか・・・。


Wikipedia出典なのですが他のページだと普通に討ち倒したみたいな風に書かれてるし、
ネットって不思議ですね!

そんな余談は置いといて。

クロノスのお披露目です!

ffxiv_dx11 2017-01-22 04-28-08

ffxiv_dx11 2017-01-22 04-28-18

抜刀時は黄色のオーラをまとっていて、模様も綺麗に浮かび上がります。
模様は文字のようにも見えますが解読出来ず・・・エオルゼア文字ではないみたいですね。
アニマウェポンの凝縮度を貯めている時の文字と似ている?



ffxiv_dx11 2017-01-22 16-31-51

納刀時は結構シンプルで地味な感じです。
両手剣としてもあんまり大きくないタイプ。



大きさも装飾もあまりないので抜刀待機時も肩を貫通したりしないのがポイント高いですねw

ffxiv_dx11 2017-01-22 16-32-56


ノートゥングの紫の光よりこっちの黄色い光の方が俺は好きです!
暗黒騎士っぽいかと言われると難しいところですがw

次の変化はどうなるのか楽しみですねー!

続いて、凝縮集め中の人造精霊のセリフについてまとめてみました!
ここからはネタバレになると思うのでワンクッション挟みます!

続きを読む

アニマウェポン完成しちゃったコルヌスです!
こちらの記事はまた次回!

ffxiv_dx11 2017-01-22 02-10-52

AWに関しては、
動画貼ったりしてガンガンネタバレの予定なので記事にワンクッション置く感じを予定してます!



そして、今回は!

「第5回 マクロ演劇inBelias」のレポートになります!!

不定期更新エオルゼアウォーカー 29号 マクロ演劇終了!


こちらの方で既に主催者のFeeling Fullさんが記事を書いてくれているんですけどねw

 

実際の動画です!画面拡大推奨!
(長いのでゆっくりと見れるときにどうぞ!)




今回俺はリムサに住んでるおぼっちゃん役の主役級のキャラを演じてました!
最初セリフをもらった時はなんか他の人よりセリフ多いなーって感じでw

ffxiv_dx11 2017-01-12 21-49-47

冒険出る前の服装は庶民っぽいですけど、おぼっちゃん風ってイメージがあんまり湧かなくて・・・。
ですが、冒険に出たらボアジャーキンに着替えます、というのは初日に伝えました。

初日に。

ffxiv_dx11 2017-01-22 16-37-57

こちらが本番当日の衣装。
グループポーズで噂の縦長SS撮影!

駆け出し冒険者感あるでしょ!(こじつけ)
コンセプトとして出来るだけIL低めの装備にしています。
FF14の低レベル帯はオシャレに気を使ってられませんがここはフィクションなので!

ffxiv_dx11 2017-01-22 16-35-23

装備内容はこんな感じです。
ハードレザーチョーカーも普段使いやすくてオススメの1品ですぞ!



続いて、開始前の舞台裏!

ffxiv_dx11 2017-01-14 22-17-56

横に流れのカンペを見ながらやってたのでフルスクリーンでSS撮る余裕は無かった!

舞台にいるときはすごい緊張してて気を抜いたら退場のタイミングとか逃しそうで不安でした・・・。
俺は結構入退場の繰り返しが多かったので、そこはマクロ以外にも操作が必要なんですよね。
マクロで入退場は教えてもらえるので気を抜かなければ大丈夫ですがw

その結果、なんとか特に大きなミスもなく演技はしっかり出来ました!
どっちかっていうと終了後の告知マクロにインパクトがなかった気がするけれど、それは置いておこう・・・。



ffxiv_dx11 2017-01-14 21-39-28

劇中で一番好きなシーンです!
最初は船長をターゲットせずに座ってるんですが、途中から船長にターゲットして視線を合わせる所!

お互い地面に手をついて話してる雰囲気が好きです。
ぼっちゃんって言うな!



その後、演劇終了後の一コマ。

ffxiv_dx11 2017-01-14 23-23-09

ひな壇でゆったり。
内心かなりホッとしていました。
実際、全員揃っての練習したのは本番直前の1時間前ぐらいで、
しかも最後まで通し出来てなかったんですよねw

一番最後のシーンとか全く練習できてなかったので立ち位置とかはその場のアドリブでした!
多分真ん中でええやろ!みたいなw



ffxiv_dx11 2017-01-19 00-59-25

こんな感じで、マクロ演劇inBeliasのレポートはおしまい!
今回は突貫で集まって予定を決めてすぐ本番って感じだったんですけど上手く行きました!

企画、予定組み、脚本、ナレーション、動画撮影までしていただいたFeelingさんには本当に感謝です!

今度は別の鯖でもマクロ演劇を広めたい!って企画をされるそうなので、
機会があれば是非見たり、参加したりして欲しいですねー。

一緒に出演した皆さん、見に来てくださった皆さんもありがとうございました!
Belias村の数少ないイベントなので、次回も乞うご期待です!

↑このページのトップヘ