FF14と俺

FF14のBeliasサーバーで活動しているコルヌスのブログです!

5.3メインクエストで普通に泣いたコルヌスです!

ストーリーめっちゃよかった・・・。

という訳で、今回はメインクエストや、
その他サブクエストのネタバレがありますのでご注意ください。

ffxiv_dx11 2020-08-13 22-35-12

続きを読む

次に買うゲームはペーパーマリオオリガミキングの予定のコルヌスです!

sns

マリオストーリーとかペーパーマリオRPGが大好きだったんですよね。
ゲームキャラでの初恋はマリオRPGのピーチだったんだよなあ・・・(当時3歳か4歳か)

そんな話は置いといて!

今回からゲームのレビューを始めていきます。
コルヌスのゲームレビューなので、

題して、ぬすれびゅ!

いや、3秒くらいで思いついた名前なので深い意味は無いです・・・。

そして、今回紹介するのが、

ファイアーエムブレム風花雪月!!

product

知らない人が見たら花鳥風月と見間違う奴!

このゲームを一言で表すと、

フルボイスでキャラクター同士のカップリングや育成要素、やりこみ要素が詰まった
手強い骨太SRPG!


キャラクターをマス毎に動かして、攻撃するタイプのゲームです。

5つの項目で五段階評価を付けるとすれば、

キャラクター:5
快適さ:3
多様性:5
グラフィック:3
ストーリー:4


こんな感じでしょうか。
以下、評価した所について語っていきます。



■キャラクターとストーリーについて

キャラクターは色々なキャラが居て、多分気に入るキャラが1人は絶対いると思います。
仲間になるキャラでも40人ぐらいいるので・・・。

プレイヤーの分身である主人公はゲーム開始時、傭兵として父親と共に生活していますが、
ワケあって貴族、平民が平等に戦争について学ぶ、士官学校の教師になります。

ゲームの最序盤で3つの学級から受け持つ学級を選びます。

928916
928917
928918

パッと見で好きなキャラクターが居る学級を選ぶのが一番いいかもしれません。

選ばなかった学級のキャラクターも、
主人公のステータスや好感度を上げる事で引き抜く事が可能です。

※各学級の級長やその補佐の人は引き抜けません。

そして、それ以降は学校で勉学に励みつつ、月末に課題と称してストーリー戦闘があります。
最初の1年はそんな感じですね。
2年目は色々あって、学校生活から一変し、戦争編に突入します。
キャラクターも成長したグラフィックに変わります。

自学級の生徒と共に他学級の生徒率いる帝国や王国などと戦うことに・・・。
親友同士の片方だけを引き抜いて、戦争編で親友同士を戦わせる・・・なんてことも可能です。

しかも、きちんと戦闘時に専用の会話が入り、
制作側もこういう遊び方はお見通しといったような闇を感じます。



2019072812004600-0DC6ECE91CF3F6F02BAFC002E3FFBAAD


先ほど話に出た、
好感度は戦闘中に近くで戦闘したり、回復したり、
教師として指導してあげる事で上がっていきます。

好感度を上げる事で支援会話という特殊なイベントが発生します。
膨大な数の組み合わせがありますが、全てフルボイス!

主人公は異性キャラと同性の一部キャラで個別エンディングが存在し、
クリア後にプロポーズがあったりなかったり・・・。

更には生徒同士でも好感度が存在し、主人公と個別エンディングを迎えなかった場合は、
仲のいいキャラ同士のエピローグが流れます。

キャラクターをメインとしてみた場合、満点の出来だと思います!
5点じゃなくて6点上げたいレベル!

ストーリーは各学級で異なるのでボリュームもすごいです。
が、1年目の学校編はどの学級も内容が殆ど変わりません・・・ので4点にしました。



fe-fukasetsugetsu-load


■快適さについて
快適さ3の理由、それは、

ロードがなげえ!!

これに尽きます。

ゲーム開始時、戦闘開始時、自由行動選択時のロードが長いです。
大体20~30秒前後・・・。

実際、ロードさえ済んでしまえばスムーズなので快適さ3にしておきました。

また、このゲームはキャラクターの成長がレベルアップ毎にランダムになっています。
なので、ステータスの伸びが良いのが出るまでリセマラなんてするとストレスがマッハです。

最強キャラを育てたいとかでも無ければそんな事をする必要は無いのが救いですかねw

そして、快適さとはちょっと違いますが、ゲームクリアするまでの1週が、
フルボイス聞いていたら60時間とか普通にかかってしまう所・・・。

大ボリュームなのは間違いないですが、このゲームは更に周回で別ストーリーまであるので、
ガッツリやる!って人じゃないとストーリーの謎が解けないかもしれません。
このゲームの長所であり短所ですね。

周回する時は前のデータの一部を引き継げるので、割と楽にはなっています。


■グラフィックについて
他ゲーと比べるとポリゴンの出来があんまり良くないかも?

これより前に出たファイアーエムブレム無双の方がよく出来ていたような・・・。

後、モーションは大体キャラクターや各職業で使いまわされています。
キャラクター数が多いので致し方無しですね。


■多様性について
キャラクターの話の際に好感度でカップリング出来る等話しましたが、
育成要素もすごいです。

まず、男、女キャラでなれる職業なれない職業がありますが、
そこさえ除けばほぼほぼ全ての職業に全キャラクター転職可能です。

一部例外は主人公や級長の専用職ぐらいですね。

キャラクターのレベルとは別で、
武器種別や魔法、馬、飛行、重装など、それぞれE~S+まで熟練度があり、
その熟練度さえ上げれば魔法が苦手なキャラでも魔法が撃てたり、
接近戦が苦手なキャラでも重装備で戦ったりできます。


一度習得した職業は何度でも変更可能なので、
全熟練度S+、全職業マスターとかを好きなキャラで出来る訳です。

上で書いたランダム成長やアイテムによるドーピングでステータスも吟味可能。

惜しむらくは、魔法の種類や戦技といった物は、
汎用的な物は全員使えますが、キャラ毎に使える使えない魔法や戦技がある所でしょうか。

超射程の攻撃魔法や回復魔法が無いキャラはやはり魔法キャラとしては大分劣ってしまいます。

後は男キャラは物理で、女キャラは魔法で優秀な職業があります。
せっかくだから性別差も無くしてほしかった所ですねー。

また、発売初期には無かったんですが、
無料アップデートやDLCでキャラクターの衣装替えが可能になっています。

職業によって衣装を変えたくなかったり、
メイド服やら執事服で戦わせたり出来るので、見た目にこだわる人にも優しいですね。

y_5dc4d7b1c23c3

DLCでは本編の番外編シナリオも追加されます。
クリアすると番外編4キャラが本編でも使用可能、
番外編キャラの特殊職を本編のキャラでも転職可能になるので、
やり込む人なら買って損なしです!

fire-emblem-huukasetugetu-abyss-mode-4th-class-1-1280x720


■総評

大ボリュームなので他の積みゲーが無いときにやれ!!

各学級で派閥が出来るぐらい熱狂的なファンもいます。
俺は黄色の金鹿学級を推してますけど、他学級も好きです。
遊んだ順番は青→黄→赤→赤でした。

赤が2回あるのは・・・まあ色々あるんです!

ロード時間はマイナス要素ですが、めちゃくちゃ面白いので是非やってみてください!

風花雪月1

FF14の次回パッチが1か月先と知って少々ガッカリしているコルヌスです!

ffxiv_dx11 2020-07-05 21-17-22

コロナの影響でパッチが遅れるのは仕方ないとはいえ、サブキャラの育成も終わったし、
FF14は次パッチまでお休みかなーと言った所。

多分パッチ来てもメインストーリーとニーアレイド触ったらおしまいな気もしますが・・・。
セイヴザクイーンは5.35みたいですからねー。

とりあえず、7月中にあると思われるPLLでの情報に期待!

そして、FF14でやる事が無ければブログに書くことも無く・・・、
せっかくなのでプレイした別ゲームのレビューでも書こうと思っています。

以前こんな記事書いてたので改めて言う必要も無いかもしれませんけどw


では、早速レビュー!・・・の前に、
俺がゲームに求めているモノを語らせていただきたいと思います。

14021001ffxhd11

■一番大事なのは愛を注げるキャラクターの存在
ゲームという物の中には様々な要素があります。
世界観、ストーリー、操作性、システム、キャラクター、BGMなどですね。
この中で俺が一番重視しているのがキャラクターです。
魅力的なキャラクターあってこそのゲームだと思っています。

ゲームには要素の他にジャンルがあって、
RPG、アクション、格闘、シミュレーション、レース、音楽、パズル・・・。
中にはキャラクターが存在しない物や、姿が見えない物もありますよね。
そういうゲームは個人的にハマりにくいんです。

そして、キャラクターが複数いるゲームって好きになれるキャラが大抵いるんですよね。
その中でも特にお気に入りを贔屓して育てたり、戦わせたりするのが好きなんです。

ポケモンならプクリン、FF5ならレナ、ペルソナ4なら雪子・・・みたいな感じで。

FF14も操作するキャラは自キャラだけですけど、
その自キャラが好きだからここまで長く続けられているんだと感じています。

好きでもないのにキャラを自撮りしてブログ5年は無理ですねw

ffxiv_dx11 2020-07-05 21-13-19


■第2に求めるのは快適さ
ゲームに切って離せない物、ロード時間やセーブ時間。
後はRPGやアクションならゲームオーバー時にすぐにやり直せるかどうか。

学生の頃は特に感じてなかったんですけど、社会人になってからは大事に感じています。

そこそこの難易度で、面白くて、やり直すのが苦じゃないゲームが素晴らしい、と。

格ゲーなどの対戦ゲーなら負けても次は頑張ろうってなるんですけど、
RPGでボスの対策は分かったけど、倒せない時。
時間を無駄にしたって思いませんか?

いつからかそういう風に思うようになったんですよね。

実際、FF14の戦闘も似たような思いを感じる事はあります。
しかし、次はこうしてみようとか、自分なりにDPSを出す方法を模索したりとか、
仲間と相談して初めて気付く事、達成できる嬉しさとか、
やっぱりオンラインゲームとオフラインゲームの違いを感じますね。

オフゲーでは、
ボス戦前にセーブポイントが無いゲームは嫌だし、
ストーリーをスキップ出来ないのも嫌。
でも、簡単すぎるのもつまらない。


うーん、自分で言ってみて、かなりワガママですねw

しかし、最近のゲームはそれが出来て当たり前な感じになっている訳で、
出来ていないゲームは不便と感じてしまう訳です。

モンハンがギリギリ許容できる範囲でしょうかねー。


ffxiv_20180309_170737


■最後はカスタマイズ性
我、両手剣大好き侍。
でも時々他の武器も使いたいし、魔法とかも撃ちたいし、オシャレもしたい・・・。

さっきからワガママばっかり言ってますねw

最初に挙げたキャラクターの話の続きみたいになりますが、
1人のキャラクターで色んな武器、役割をこなせるのが最高と言いたい訳です。

剣が得意なキャラで魔法が苦手なキャラだけど魔法使わせたりとか、
好きなキャラを余すことなく平らげたいんですよ。

この点はオンラインゲームは大体満たしてますね。
FF14なんてドンピシャです。
そもそもキャラメイク機能自体が欲しいんですが、オフゲーにはそんなに無いんですよね。

好きなキャラで一人旅したりするのが好きなので、
色々出来た方が助かるし、楽しい。
そういう縛りプレイしている時は寛大な気持ちでプレイ出来るんですよね。

好きなゲームの好きなキャラでその道を究める訳なので、
システム面のストレス<キャラ愛になってるのかもしれません。

1キャラに愛を注ぎたい派なので、
絶対に3人でチーム組まないといけないとかそういうのは好きじゃないですね。

アイマスとかも昔は1人だけプロデュース出来たんですが、最近はそうでもないですし。

チームやパーティ組むとしてもオールフォーワン、
あくまでメインの引き立て役にしたいんです。

最近のゲームはペア、トリオ、パーティを組み合わせてプレイヤーとキャラクターじゃなく、
キャラクターとキャラクター同士の組み合わせを楽しむゲームが増えている気がします。

俺の趣味に合うゲームをオフゲーで見つけるのが本当に難しいんですよね。
ディスガイアみたいな1キャラをひたすら育てるゲームがいいんですが・・・。


語りたいところはこんな所でしょうか。
上で紹介した3つの理由から、
俺が進んで遊ぶゲームはRPGやアドベンチャー、アクションが多めですね。

最近は9割スイッチでゲームやってますので、
レビューはスイッチゲーばっかりになると思います。

来週辺りに更新できるよう頑張ります!

ffxiv_dx11 2020-07-05 21-19-04

あ、なんか俺の趣味に合いそうなゲームあったら教えて欲しいです!

サブキャラを鯖移動させたコルヌスです!

ffxiv_dx11 2020-05-25 00-03-56


クジャタ鯖のサブキャラの優遇鯖ブーストが切れてしまったので、
ベリアス鯖へ引っ越しました。

ベリアス鯖に引っ越した理由は、

金欠だから・・・。

ゼロからギルを稼ぐのはなかなか大変なんですよね。

そこでメインキャラのギルをサブキャラに分けて、
竜騎士でも零式を攻略しちゃおうという魂胆です。

ギルを渡すには色々方法があって、

1.マケボで適当なアイテムを出品してメインキャラに買わせる。
2.フレンドになってレターを送る。
3.同じFCに入ってFCチェストを利用する。


ソロで出来るのはこの辺りかな?
フレンド経由でギルを回してもらう方法もありますが、
トラブルの元になるし、迷惑もかかっちゃいますからねー。

ちなみに1番でマケボ利用する場合は手数料が取られるのでちょっと勿体ないです。
サブキャラでアパルトメントを買って、
マネキンに適当な装備付けて出品すれば手数料は取られなくて済んだりしますけど。
アパルトメント+マネキン代を考えたらあまり意味ないかも・・・。

2番は同一アカウントだとほぼほぼ不可能です。
フレンド申請はお互いがログインしていないと出来ないからですね。

という事で、今回はFCがあるなら一番お得で簡単な3番を選びました。
しかし、今度はFCに入れる方法を考えないといけません。

ソロFCの場合、最もセオリーである他のFCメンバーにFCへ入れてもらうといった方法が取れません。

どうすればいいのかネットで検索をしていたら、出てきたのが、

FCハウスのサインボードから申請する方法

こちらだけだったんですよねー。

しかし、俺のソロFCにはまだFCハウスが無いのです。
新しくFCハウスを買ってFCに入れる・・・なんてギルが勿体無いし、いい土地も空いていない。

最初は諦めて、フレンドに捨てキャラ作ってもらってFCに入れてもらおうと思いました。
でももう少しだけ、何か無いかなーと探していると、

メインキャラでログインした時にフェローシップ通知が来ていました。




フェローシップ

それは非ログイン状態でもキャラクター名を残す事が出来るPT募集の様な物。

1


早速テストとしてサブキャラでフェローシップを作成。
フェローシップのメンバー募集を出しました。

2

そして、メインキャラでログインしてフェローシップの募集を確認。

あった。

3

そして、入れた!

ここまでは当然ではありますが、これがソロで出来た事に意味があります。

そう、フェローシップ内ではリンクシェルの勧誘が出来るんです。
リンクシェル勧誘はフレンド申請とは違い、相手が非ログイン状態でも可能・・・!

4


サブキャラで再度ログインしなおし、リンクシェルに正式加入。
そして、リンクシェル上のメインキャラを右クリック

6

7

FC加入申請が、ある!!

と、こんな感じで完全にソロでもサブキャラをFCに入れる事が出来ました。

8

え?ソロFCを作る時点で割と大変・・・?

PT募集とギルで解決しましょう。

やはり先立つ物はギル・・・!





そんなこんなで現在サブキャラの竜騎士で零式を攻略しております。
現在2層までクリア。

メインキャラの方も青魔導士で零式クリアして、モルボルゲット!

ffxiv_dx11 2020-05-24 00-01-13

ついでにゴージを周って柴犬のスカーフもゲット!

ffxiv_dx11 2020-05-31 20-01-28

メインキャラで後やりたい事と言えばスカイスチール工房の装備制作ぐらいかな?

5.3までまったり行きましょう!

5月7日でブログ5周年となっていたことが発覚したコルヌスです!

ffxiv_dx11 2020-04-07 18-21-01


いやはや、随分長い事やっている物ですね。

せっかくなので、今回は昔の記事を振り返ってみようと思います。

一番最初の記事

最初の記事というのにクッソ唐突に話が始まっていて、
見返していて笑ってしまいましたw

鯖名とかメインジョブとか色々書くべきでしたよねw

昔はオッドアイじゃなかったし、顔に傷もついていなくて、
蒼天で暗黒騎士が実装される事が決まってから幻想したんです。

顔の傷が無いだけでなんか若く見えるんですよ。

ffxiv_20150510_190714

そういえばこの頃はグループポーズもReshadeも無かったんでした。

肩に乗るタイプのミニオンもこの頃は珍しくて、
ベイビーオポオポとかナッツイータ―とかが高額で取引されてましたね。

2.5までだと薄闇の雲とサキュバスとミドガルズオルムとブルーバード・・・?
ナナモ様もこの時いましたっけ。

今でこそミニオンは選択肢が増えて、安くて可愛いのがたくさん居ますよね。
逆に多様性が増えた結果、新しいのが出てきても特別欲しい!っていうのが居なくなりました。

ffxiv_dx11 2016-01-05 00-03-36

プリンスペンギンとかは今取ると面倒くさそうなので、
昔の間に取っておいて良かったです・・・。

今はうり坊とゲイラキャットがいて満足って感じですねー。


ffxiv_dx11 2016-04-29 15-40-02

ミラプリが今の感じに落ち着いたのは、
2016年の4月末頃だったみたいです。

シドのゴーグルが課金販売されたのがこの時期ですね。

タンクが装備できるゴーグルは現状も少ないので、どうにかして欲しい・・・。

ffxiv_20180202_144038

両手剣を集めだした切っ掛けはこの辺りでしょうか。
なんだかんだ蒼天から始めた事が今も続いているって感じですね。

逆に言えば新しい事を始めていないとも言えますが・・・。
ま、まあ今は青魔道士で攻略とかもやってますし・・・?

初心者指南の記事を考えたりもしたんですが、今更俺がやらなくてもって感じで没ったり・・・。
原点回帰してイベントレポートとかも楽しそうですよね。


2019年から露骨に更新頻度が落ちていますが、
FF14をやめる気はまだ無いですし、細々と続けて行く所存です。

これからもよろしくお願いします!

ffxiv_dx11 2020-04-07 18-21-30

↑このページのトップヘ