FF14と俺

FF14のBeliasサーバーで活動しているコルヌスのブログです!

FF14と俺、早いもので3周年を迎えましたー!

ffxiv_20180506_153615

いつもボアジャーキンの宣伝しかしてないけど見て頂いてありがとうございます!
これからもマイペースながら頑張ります!




そして、今回はロールプレイのお話です!
自キャラの設定をだらだら書いてるだけの内容なので、
RPに興味の無い方には全然面白くない記事である可能性が高いです!

RPに興味のある方も流し見程度に読んでいただければと思いますw





最近FF14がマンネリ気味なんですよねー。

時期が時期だから仕方ないんですが・・・。

そんな時に、
まとめサイトなどを巡回しているとFF14内でRPで遊ばれている方が紹介されていました。

RPとはロールプレイの略で、
自分のキャラクターの設定を作ってそれを元にキャラになりきって遊ぶ・・・って感じですね。

バハムート鯖やアレキサンダー鯖はRP用のFCやLSがあったりして、割と盛んな様子。

元々コルヌス・ドッグウッドというキャラには色々設定がありまして・・・
それを活かして遊ぶのも楽しそうだなーとふと思い立ちました!
早速キャラクターシートを作ってみる事に。



キャラクターシート


名前 :Cornus Dogwood (コルヌス・ドッグウッド)
種族 :ヒューラン族 ミッドランダー
性別 :男
年齢 :23
身長 :173
メイン:暗黒騎士

性格:普段は落ち着いていて少し天然な所があるが、目的の為なら手段は選ばない。
戦闘時は、戦いを楽しむ好戦的な性格になる。
一人称は俺、二人称は君・あなた等

好き:革細工・両手剣・戦う事
嫌い:苦い食べ物・虫(特に大きい奴)



出自とか:
革細工師の家系に生まれ、平凡な暮らしをしていたが、
本で読んだ外の世界に憧れを抱き、物心着いた時に冒険へ飛び出した。

冒険へ出てからは剣術士を志すが、
ロクに戦闘訓練など行っていなかった為、
初の冒険はウルダハの剣術士ギルドへ向かう前に3日で家へ帰る事となった。

その後、革細工の修行を条件に父親の知り合いに剣の稽古をつけてもらう事になり、
数年の修行を経て冒険の旅へ出る。

顔に付いた傷は一人で冒険をしていた際、
カマキリのようなモンスターから致命傷を負った際に残ったもの。
それ以来、虫嫌いとなってしまったという。
また、その際に年老いた暗黒騎士の師匠に助けられ、冒険を共にする。

守るべきものを失った暗黒騎士と自嘲する師匠の元、
暗黒騎士としての心得と師匠のエーテルの結晶、ソウルクリスタルを伝授され今に至る。
右目は致命傷を負った際見えなくなっていたが、暗黒騎士として目覚めた時、
赤い目となって再び世界を見る事が出来るようになった。

己を守るのは己だけ、
自分自身が強くなくては冒険もままならない。
そう考えたコルヌスは、己に合った剣を求め世界を旅することを再び志し、
相手のエーテルを己の力にする時こそが至福の喜びとなっている。

親から仕込まれた革細工の腕はなかなかの物。
ドッグウッドブランドを世界へ展開させるため、旅をしながら制作稼業も任されている。
中でもボアジャーキンばかり作るのは自身が最も気に入っているからか、
それとも親へのささやかな反抗心か。


生活系:

食事は軽食が多めであまり多くは食べない。
モンスターからエーテルを搾取する為、エネルギーには困らないという。
革細工に集中して疲れた際はホットココアで一息つく。

よくゲイラキトンのトトと共に行動している。
旅の途中で羽が折れてオロオロしているトトを見つけ、
革細工で直してあげた所勝手に付いてくるようになった。
それっぽく補修はしたものの何故空を飛べるのかはコルヌスも良く分からない。

ffxiv_20180506_230401



長ぇ!

色々ツッコミどころがありますが、
深く考えるのをやめてぼんやりしたものをとりあえず文章にまとめた感じです!

メインジョブを暗黒騎士と書いたからには、
どのようにして暗黒騎士になったかまで書かないと・・・ってなった結果がこれですねw

普段俺がやっているボアジャーキン布教と両手剣収集の設定も盛り込んでおきました。

ゲイラキトンは俺の初FFであるFF5の頃から結構好きで、
レビテトかけてタイタン攻略した記憶・・・。

ナッツイーターも好きだし、チョコボシリーズのドルくんも好き・・・。
ドルくんもミニオンで出ないかなあ。




こういう設定を考えるのは楽しいんですけど、
不思議とコルヌス以外には設定考えたりする気にはならないんですよねー。

それだけこの名前というかキャラが気に入ってます!
多分他のMMOと合わせて10年ぐらい続いてるんじゃないかな?

以前ツイッターで見かけた画像で、


こういったのがあったんですが俺は間違いなく親タイプですね・・・。
オッドアイって所まで合致してるんだよなあ・・・。

FF14で暗黒騎士が実装するまでは両目共黄色だったんですが、
やっぱり暗黒騎士ならオッドアイとか眼帯とかそういうのがいいなあと思ったんです。



ffxiv_20180506_213346

色々やってきたつもりでしたけど、
まだまだFF14には色々な楽しみ方がありますねー。

ロールプレイで遊べるようにマクロとかもちまちま作って行きます。
実はサブを既にバハ鯖に派遣済みだったりw

本格的に遊ぶとしても絶アルテマ終わって4.4のオメガ零式攻略してからになりそうですけどねw
Manaワールドでも鯖間LS実装でRPLSとか出来ませんかねー。

LSが出来ようが出来なかろうが、メインキャラの方にはミストにSハウスがあるので、
後々実装予定のマネキン使ってお店出来たらいいな!

勿論、ボアジャーキンコーデ専門店ですけどね?

課金衣装が実装されるとついつい脚装備が気になってしまうコルヌスです!

そんな前回ミラプリ記事を書いた途端に来た課金装備、


ナタ殿方衣装!

ffxiv_20180425_233430

ナタ姫君衣装は割と他のブログでも扱われてるんですが、
殿方の方は男キャラ使ってるブロガー自体がかなり少ないのであんまり見かけないですねw

実装当日にラールガーズリーチを見渡したものの、
ナタ殿方、姫君どちらも着ている方は全然いませんでした。

リセ日当日だったからってのもあるかもしれませんけどねー。

個人的には胴と脚が結構いい感じにミラプリに使えると思うので、
パーツ毎にレビューしていきたいと思います!




ffxiv_20180425_233520

その前に、まずは全身の後ろ側から!
胴装備で羽織っているジャケットは実はパーカーだったんですねー。

その下から長い紐と宝石みたいなのがあります。
靴にも光る炎を模したような飾りがついていますね。

この宝石や靴の光は染色でも変わらないので少し厄介な所かも。

でも一式装備としてFF14で実装されている中で、
かなりカッコいい装備なんじゃないでしょうか。
現在愛蔵品チェストに入れられる一式装備とはまた違ったカッコよさですよねー。

では続けて部位ごとに紹介を!


ffxiv_20180425_233604


まずは頭装備!
額についてる紅葉みたいな形の奴ですね。

見方によっては第3の目みたいに見えるかもしれませんねー。
染色すると赤い部分のみ変わります。

でも前髪が長いと見えません!




ffxiv_20180425_233926

次は胴装備!


なんか普通に首元結構空いてるから首アクセ反映されるのかなーと思ったら、
反映されません!

特筆すべきはパーカー部分にジッパーが付いていたり、
下に着ているシャツがシンプルでおしゃれって感じな所でしょうか。

ffxiv_20180425_234008

上から見るとシャツ部分がベルト部分より短く出来ているので、
謎のセクシーさがあります。
ベルトと体の隙間もあってなんかスカートみたいなのが浮いて・・・る・・・?って一瞬なる感じ。

最近スコピオハーネスといい赤と黒の装備が多いんですよねー。
という事で、いつものアレと合わせてみたんですが・・・

ffxiv_20180425_234328

女子用スク・・・水・・・!?
ベルト部分が見事な補完を施している・・・ッ!!

これがどちらも未染色っていうのもヤバさを感じさせます。

去年の紅蓮祭水着はやはりやべー奴だった・・・。
これにはブドゥカ族もニッコリですわ・・・。





ffxiv_20180425_234807

やや脱線しましたが、続いて手装備!

指ぬきグローブは割とあるんですが、
関節部分にだけ更にカバーが付いているという面白い装備ですね。

ffxiv_20180425_234754

内側はこんな感じ。
テーピングしてるみたいに見えますねw

後、若干手を覆う部分も短く出来ていて手袋系の装備の中でも珍しい物だと思います。
ボアジャーキンには手袋系はあんまり合わないんですけどね・・・;;




ffxiv_20180425_234845

お次は脚!
実質今回の本命!

7分丈ぐらいの脚装備はこの時期に合ってますからねー。
種類が増えるのは選択肢に繋がるので嬉しい限りです。

ズボン横の赤い部分は染色するとバケツ染色で色が変わってくれるので一安心。

ffxiv_20180425_234907

しかし、真の敵は背面にいた・・・ッ!!

お尻の上側とは言え、なんか漏らしたみたいな濃いシミが・・・!

前側もこんな感じだったらそういう模様なんだなーって分かるんですが、
後ろだけこれはちょっと恥ずかしいですよねw

ffxiv_20180425_235139

なお、染色しても濃い部分は染色されるものの濃いまま変わりません・・・。
胴装備で隠せば問題無いですけどねw




ffxiv_20180425_235041

最後に足装備です!

かっこよくまとまったデザインですね!

キュッと締まらず広がった感じなので、
セットの脚と同じようにゆったりめの脚装備と合うかもしれませんね。

ffxiv_20180425_235004

横についている炎の光。
セットで見ればいいんですけど、
ミラプリとして使うには汎用性は落ちちゃいますかねー。

カードキャプターさくらみたいに天使の羽だったらもうちょっと人気だった可能性・・・?
でもよく考えたらこれ男用装備でした。




というわけでパーツ毎の紹介は以上です!

今回は染色も出来るし、胴装備が長袖!
という事で、

ffxiv_20180425_234528

勿論半袖化です!
こっちの方が涼し気でこれからの季節に良さそう!

パーカーの胴の丈が短いのもあって長袖より半袖にした方がしっくり来ますね。



ffxiv_20180425_235355

続いて染色!
テーマはRGBです!

染色すると戦隊物の変身前に着てる服みたいな感じがしません?
手装備を変えるとよりそれっぽくなると思うんですよねー。

後ろから見るとまた違って見えちゃうんですけどねw


ffxiv_20180425_235754

そして、前回紹介したものの新しくしたミラプリ!


い つ も の

ボアジャーキンはともかく、
手装備はこれといって良いものがあまり無いのでマンネリ化気味ですね。

足装備はナタ殿方足よりも少しスッキリさせたかったので、
去年の紅蓮祭の脚をダラガブレッドで染色しました。

首はその色に合わせてレッドビルスカーフ。
首アクセももっと種類が増えると嬉しいですね!

ffxiv_20180426_033601

気になるズボンの後ろ側もほぼ見えません!


やはりスクウェアはこの脚とボアジャーキンの併せを見抜いていた・・・!?

・・・言ってみたかっただけです。




-おまけ-

ffxiv_20180426_001637

ナタ殿方脚衣を含めて、
割と良く使う7分丈ぐらいのズボンを長さ順に並べてみました。
右の方はもう普通に半ズボンなんですけどねw

これより右はアンダーパンツやムーンファイアトランクスになってくるかと思います。
ズボンの裾や股部分のゆとりなどを見てもそれぞれ違っていて面白いですね。

サバイバーハーフパンツは多分左から2番目くらい?
昔は良く使ってたんですが、
フランネルクロップドパンツが出てからはめっきり使わなくなってしまいましたねー。

隙あらば半袖ボアジャーキン。


そんなこんなで、
やっぱり新しい装備が増えると嬉しいし楽しいですね!

4.3の新装備にも期待が膨らみました!

でもその前に、


絶アルテマウェポン破壊作戦 固定メンバー募集【MANA】

まだまだ募集しておりますのでよろしくお願いします!!!

ffxiv_20180426_043634

絶アルテマの固定募集が始まりました!

絶アルテマウェポン破壊作戦 固定メンバー募集【MANA】

募集要項や連絡先などは上記をご確認ください!
こちらのブログにコメントして頂いてもいいですが、相互の連絡取りにくいですからねー。

両手剣蒐集に避けては通れぬ道、絶レイド攻略。
とりあえず4.3で絶攻略してエクレア装備全部集まったら、
全部まとめて紹介しちゃおうかなーと思ってます。

マネキンが抜刀時のエフェクトなども適用出来ればそれが来てからでもいいんだけど、
多分納刀時のみだよね・・・。




そんな話は一先ず置いておいて、

今回はミラプリの話です!

ffxiv_20180309_235555

以前、リパブリックシグニフェルフィンガレスグローブによるボアジャーキン半袖化で、
テンション上がりすぎて完成させてしまった夏ミラプリ。

現状キャスでしか装備出来ないので普段使いは出来ないんですが・・・。

絶アルテマ実装時はもう夏なので是非半袖ボアジャーキンで挑みたい!
とはいえ、しばらくは難しそう・・・。

ギュウキベストとかが4.0→4.2で全職実装されてるので4.5ぐらいで全職で実装されるといいなー。

引き続きこちらにいいねして頂けると助かります!



というわけで、
今回はすっ飛ばしてしまった春のミラプリを見直す回です!

新しくミラプリを考えるのではなく、現在のミラプリの紹介みたいな感じですねー。
今回はいつになくゆるゆるです!

早速行ってみましょう!



以前ちょこっとSSで出した忍者のミラプリ!


ffxiv_20180421_221521

ニューサンクレッド装備改みたいな感じ。
ヒューラン男性の種族足装備は汎用性めっちゃ高いしウォードブルーと良く合うんですよ!

膝下までのブーツ系装備すると脚装備の形が変になっちゃう事多いので、
個人的に足装備はサイブーツ系か足首までのブーツかなって感じです。

アネモスブーツとか見た目は好みなんですが、脚装備の形が変わっちゃうせいもあって、
使いにくいんですよねー。

全部レベル1装備で作ってあるし、全職装備化なのでレベリングに優しい奴です!
まあ、サンクレッド装備が課金装備なんですがね・・・。




ffxiv_20180421_221335

続いては良く出来たと思っているアイドル装備。
脚装備のフランネルクロップドパンツも汎用性高い防具ですね。

足装備の合わせ方によって靴下履いてるみたいに見えるのも面白い所です。

特に注目して欲しいのは手装備のエイブス・グローブ。
アシンメトリーな装備というのもなかなか良いもんです!

ffxiv_20180421_221230

アイドルなのにゴーグルなのは割と謎な気もしますが・・・。
このゴーグルはボアジャーキンに並ぶレベルの神装備だと思っています。
汎用性+髪型がしっかり見えるのが良い所!
今後もこういった装備を増やしてほしいですねー。



ffxiv_20180421_223908

こちらは現在アニメ放送中のペルソナ5に感銘を受けて作った、
心の怪盗団衣装、コルヌスバージョンです。

去年の絶バハ攻略中に作ったんだったかな?
ペルソナ5といえば仮面なんですが、仮面の面積少なくない・・・?
というツッコミは受け付けていません。

ffxiv_20180421_222223

注目するポイントは胸元の▽でしょうか・・・。
召喚するペルソナはフレイかなーとか思いながらミラプリ作ってました。

フレイとの演出はどちらかというとペルソナ4なんですけどねw
我は汝、汝は我――。



ffxiv_20180421_221813

そしてこちらが最近の普段のミラプリ。
それぞれバラバラな装備ですが、色のバランスは良く出来てると思います。

今見直すとこいつ黒い靴ばっかり履いてんなって感じですねw

明るめの靴と合わせるの難しいんですよねー。




ffxiv_20180421_221050

そして今回色々考えなおして作った新ミラプリ。
黒と赤茶をベースにした装備を入れてみたんですよね。

頭はアネモスハットをチョイス。


ffxiv_20180421_220944

改めて見直すと手装備の色と
ボアジャーキンの袖部分の抹茶っぽい色とで、
くっきり分かれすぎてしまっている気がしますね。

アネモスハットも後ろについてる羽の部分が気になりますw

やっぱり髪型を隠さないタイプの装備が好き!

ffxiv_20180421_224213

という事でゴーグルに戻りましたw

4.3で実装される新しい頭装備に期待ですねー。

バニー装備は頭装備だけなら普段から使えなくは無さそう。
どちらかというとタマモカチューシャみたいに装飾無しで実装して欲しい所ですが。




ffxiv_20180424_000729


今回パッとするSSが無かったのでハルブレハードに機工士で撮ってきました。
ってこれ全身映ってないから普段の装備とほぼ変わんないですね・・・。

機工士の勝利を喜ぶポーズはSSの撮りどころが多いので楽しい。

4.3までこんな感じでゆるゆるっと楽しみます!

まさしく、環境の違い。

今回はタンク間のバランスについて話したいと思います。

というのも、
4/14 18:30からのPLLで4.3実装予定のコンテンツの紹介がありまして、

最難関コンテンツの新しい絶〇〇討滅戦の内容が発表されたんです!

発表されたのが、

a7ae19d1

絶アルテマウェポン破壊作戦!


発表されたことにより、固定募集はより活発となるでしょう。

しかし、固定の、FF14のパーティに入れるのは15ジョブから8ジョブ。
その内タンクは2ジョブだけ席に着くことが出来る。
3ジョブあるタンクから、2ジョブだけが・・・!

現状を考えると、防御性能に秀でていて火力も十分あるナイトの席は確実。

つまり、パーティにとって暗黒と戦士は2択なんですね。

そして、今暗黒騎士は――

戦士と比べて劣っている。

ffxiv_20180414_214931

暗黒騎士が戦士より劣っているといわれるようになったのは、
4.2に入ってからだったと思います。

4.1絶バハムートでも軽く言われていたんですが、
ワールド1stが暗黒騎士だった事もあってそこまで言われていませんでした。


4.2で何が起こったのか、
また、それまではどうだったのか振り返ってみましょう。


ffxiv_20170621_135741

来たる4.0。
紅蓮のリベレーターの拡張ディスクが発売されました。

タンクだけでなく全ジョブに調整が入り、
アディショナルアクションが廃止され、ロールアクションという物が出来ました。

併せて防御バフの調整もなされ、
ナイトはランパートとアウェアネスがロールアクション行き、
戦士はフォーサイト削除(しかしランパ―ト追加)、コンバレセンスがロールアクション行き、
暗黒はシャドウスキン、ダークダンスがロールアクションとして別名へ変更されて実装、
リプライザルがロールアクション行き。

しかし、実質見切りはロールアクションとして選択する余裕が全くないため、
暗黒のみダークダンスが無くなった状態と言えるでしょう。

加えて新しい要素として、
ナイトはかばう、ブロックが魔法に対応、クレメンシー強化、インターベンション、パッセージ
戦士はラース/アバンドンがインナービーストに変わり上限が100になったことによる汎用性増加
暗黒はブラックナイトの追加。

暗黒がダークダンス無くなったとはいえ、
防御面ではナイト>暗黒≧戦士ぐらいの関係になっていました。

この頃はナイトと戦士はスタンスを切り替えると、
ジョブゲージが半分になるという謎仕様だったんですよねー。


暗黒だけゲージ半分にならない為、暗黒はMTとして君臨し続けていました。
むしろ3.x時代STとして活躍を続けていた戦士は、
バーサクや原初の解放の仕様によりハブられ気味な状態でした。

また、シェイクオフも自身についたデバフを1つ解除するという、
旧バーサクの為に作られたような謎効果だったのも追い打ちをかけていましたね・・・。

ちなみにこの頃の火力はナイト>>戦士>暗黒だったと思います。
ナイト最強時代。
ナイトがMT→ST、戦士がST→MTという時代の変化もありましたねー。





ffxiv_20170811_034908

その後の4.05からオメガのデルタ編零式実装。
4.0の不満点をある程度緩和する形での開幕となりました。

まず、ナイト戦士のスタンス変化によるゲージ半減が無くなりました。
ナイトはホリスピの火力減。
戦士はアンチェインド/原初の解放のインナービースト消費なし、ヴィント強化、スチサイに回復効果。
暗黒はソウルイーター強化、クワイタスにMP回復追加。

全体的に防御面は変わらず、火力面の調整がなされました。
この時でもナイト>戦士>暗黒みたいな状態。
3.xでナイトの席が無いと散々言われた結果か、
超強化されたナイトはSTとしての席を確固たる物としました。

そして、デルタ編零式4層では暗黒ナイトのペアが非常に多かった感じがします。
4層のネオエクスデスはAAが無く、
ほとんどの攻撃が魔法属性だったのも暗黒に軍配が上がった要因ですね。
撃ってくるエアロガ全てにダークマインドを合わせられるぐらい相性が良かったです。




ffxiv_20180128_145907

その後の4.1で絶バハムート実装。

戦士の操作性向上、シェイクオフが全体バリアに効果が変更。

これだけです。
これだけとはいえ、戦士が全体バリアを持ったという事で、
1人にしかバリアを貼れない暗黒は防御面で劣るという結論になってしまいました。

元々の防御性能自体が戦士と暗黒で大差が無かったため、
全体バリアというのはPTの生命線としてとても大きかったんです。

そして、火力も戦士の方が高いという点。
ワールド1stこそ暗黒ナイトペアでしたが、後続は戦士ナイトの方が多くなった印象でした。





ffxiv_20180414_215318

そして、現行のパッチ4.2。

ここで戦士と暗黒の間で大きな差が出てしまいます。

まず、ナイトはシールドスワイプとホリスピの火力減。
開発としては、戦士>暗黒>ナイトという火力に調整したいんだと思いますが、
現状は戦士>ナイト≧暗黒とやや歪な関係に。

戦士はブレハのバフ効果を下げられた代わりに、他のアクションの火力が少し上がりました。
そして、原初の解放中は確定でクリダイレクト、インナービースト使い放題、
ディフェ中も使用可能、アンチェインドとのリキャスト共有の消滅。


中でも一番大きなのは、
アンチェインドがインナービースト消費無しで、原初の解放とのリキャスト共有が無くなった
という事ですね。

開幕ノーリスクで火力アップバフ使ってヘイトを稼ぐことが出来るのと同じ状態。
暗黒だとDAブラッドスピラーぐらいしかそういう状態にはならないんですよねー。

元々MTとして空いていた火力差が更に広がってしまいました。

更に原初の解放、アンチェインドと同時に使うことによって原初の魂も高火力で使える為、
防御力もなかなかに上がっております。

暗黒もブラックナイトの操作性向上、ブラッドデリリアムのリキャ短縮があったんですがね・・・。

――4.1から開いた差は更に開いてしまった。




4.3では暗黒騎士は一体どうなってしまうのか。

強化される事はPLLで明言されましたね。

欲しいのはシェイクオフやディヴァインベールのような全体バリアスキル。

アンチェインドのような防御スタンスで火力出せるスキル。
圧倒的な力。火力。DPS。






いずれにせよ、俺は暗黒騎士を続けようと思います。

好きじゃないジョブで長く攻略を続けるのは苦痛だと思いますし、

何より、

俺は暗黒騎士が大好きですから、ね!

ffxiv_20180414_220336

ニコニコでDTB1期を一気に見ているコルヌスです!
ヘイはやっぱりカッコいいですね!

c8a1ef16

4月9日まで無料で見れるようなので、是非見てみてください!



そして今回は、
1つの話題だけで1本の記事を書くのが難しい、

そんな時に便利なのが小ネタまとめ記事ッ!!




まずはこちら!



小ネタ動画を作りました!

小ネタ記事で小ネタ動画を紹介する男、コルヌス!


アンケートも実施中なので良かったら投票してください。
投票してくださる方みんなボアジャーキンが好きらしいです(すっとぼけ)

動画を作ったのはせっかく買ったボイスロイドを使いたかった
っていうのが大きかったりします。
今後はLive2Dで立ち絵も作って小ネタ紹介とかやりたいなーと。

攻略動画は他の人が上げますし、
そもそも俺自身がトレース勢なのでなんとも・・・って感じなんですよね。

ツイッター内だと2分20秒までしか動画を上げられないので悩ましい所でもあります。




続いてイベントに参加した話ー。

ffxiv_20180325_225615

マサムネ鯖のみいなさん主催
ぷちっとプレイヤーズミーティング(仮)に参加してきました!

こうしたイベントって参加するの久々でしたねー。
有名な方がちらほらいらっしゃったんですが、
俺のことを知ってる方はいらっしゃいませんでした(小声)

イベントの内容はとてもゆる~い感じで久々にまったりしてました。
1時間という時間が丁度良かったかも!

ffxiv_20180325_230727

イベント終わってからハウジングの中にお邪魔したんですが、ここの水槽がすごいんですよ。
魚が壁の絵画をすり抜けて出入りするんです。

他にも2階に寿司屋があったりとか、凝ってましたねー。




次はまたツイッターの話ー。


最近イベントの度に行われるツイッターでのSSキャンペーン。
参加は久々だったけど無事当選しました!

以前はアーリマンチョーカーが景品だったのでみんなやる気出たと思うんですけど、
景品が消費アイテムばっかりなので正直マンネリ化している気がする・・・。

グループポーズも実装したし、運営的にSS撮影を推していきたいんだろうなーって分かるし、
テーマを決めて撮るのも楽しいんですけどねw

次はゴールドソーサーフェスティバル、紅蓮祭と続いていくわけですが、
シーズナルイベントと共にこうしたキャンペーンにも密かに期待しています!



最後は両手剣の話ー。

ffxiv_20180402_221937

4.1実装のセフィロト制作両手剣をようやく手に入れました。
樹液塊がマケボで300万が底値なので、セフィロト周回する事に・・・。

ですが、運良くサクっと樹液塊を入手出来たのでラッキーでした。
T1H1D6で行けば一周3分~3分半ぐらいって所ですね。

後半開幕の色分けの塔と線をミスらなければ大丈夫な感じ。

今後のことも考えてニーズヘッグ、ソフィア、ズルワーンの素材は用意しておいたので、
4.3で制作武器が追加されてもどんとこいです!

・・・が、4.1に実装された両手剣でまだ持ってない物があるんですよね。


絶バハの両手剣!・・・は取ったので、

極神龍の両手剣です!
実はまだ1回もクリアしてないんですよねー・・・。

今度暇なときにでも募集しようと思うので、
Mana鯖で参加してくださる方いましたらお願いします!



ffxiv_20180326_232522

あ、後そういえば最近ようやく忍者になりました。

双剣士のクエストは面白かったです!
所々セリフ回しが暗黒騎士と同じ感じがしましたねw

忍者は軽く触りましたが難しそう・・・
というか近接ジョブ全般苦手なのでどうにかしたいところ。
侍以外の近接3ジョブと戦士がまだ70になってないのは趣味がモロに出ている・・・。


そんなこんななとりとめのないおはなしでした!

↑このページのトップヘ