まさしく、環境の違い。

今回はタンク間のバランスについて話したいと思います。

というのも、
4/14 18:30からのPLLで4.3実装予定のコンテンツの紹介がありまして、

最難関コンテンツの新しい絶〇〇討滅戦の内容が発表されたんです!

発表されたのが、

a7ae19d1

絶アルテマウェポン破壊作戦!


発表されたことにより、固定募集はより活発となるでしょう。

しかし、固定の、FF14のパーティに入れるのは15ジョブから8ジョブ。
その内タンクは2ジョブだけ席に着くことが出来る。
3ジョブあるタンクから、2ジョブだけが・・・!

現状を考えると、防御性能に秀でていて火力も十分あるナイトの席は確実。

つまり、パーティにとって暗黒と戦士は2択なんですね。

そして、今暗黒騎士は――

戦士と比べて劣っている。

ffxiv_20180414_214931

暗黒騎士が戦士より劣っているといわれるようになったのは、
4.2に入ってからだったと思います。

4.1絶バハムートでも軽く言われていたんですが、
ワールド1stが暗黒騎士だった事もあってそこまで言われていませんでした。


4.2で何が起こったのか、
また、それまではどうだったのか振り返ってみましょう。


ffxiv_20170621_135741

来たる4.0。
紅蓮のリベレーターの拡張ディスクが発売されました。

タンクだけでなく全ジョブに調整が入り、
アディショナルアクションが廃止され、ロールアクションという物が出来ました。

併せて防御バフの調整もなされ、
ナイトはランパートとアウェアネスがロールアクション行き、
戦士はフォーサイト削除(しかしランパ―ト追加)、コンバレセンスがロールアクション行き、
暗黒はシャドウスキン、ダークダンスがロールアクションとして別名へ変更されて実装、
リプライザルがロールアクション行き。

しかし、実質見切りはロールアクションとして選択する余裕が全くないため、
暗黒のみダークダンスが無くなった状態と言えるでしょう。

加えて新しい要素として、
ナイトはかばう、ブロックが魔法に対応、クレメンシー強化、インターベンション、パッセージ
戦士はラース/アバンドンがインナービーストに変わり上限が100になったことによる汎用性増加
暗黒はブラックナイトの追加。

暗黒がダークダンス無くなったとはいえ、
防御面ではナイト>暗黒≧戦士ぐらいの関係になっていました。

この頃はナイトと戦士はスタンスを切り替えると、
ジョブゲージが半分になるという謎仕様だったんですよねー。


暗黒だけゲージ半分にならない為、暗黒はMTとして君臨し続けていました。
むしろ3.x時代STとして活躍を続けていた戦士は、
バーサクや原初の解放の仕様によりハブられ気味な状態でした。

また、シェイクオフも自身についたデバフを1つ解除するという、
旧バーサクの為に作られたような謎効果だったのも追い打ちをかけていましたね・・・。

ちなみにこの頃の火力はナイト>>戦士>暗黒だったと思います。
ナイト最強時代。
ナイトがMT→ST、戦士がST→MTという時代の変化もありましたねー。





ffxiv_20170811_034908

その後の4.05からオメガのデルタ編零式実装。
4.0の不満点をある程度緩和する形での開幕となりました。

まず、ナイト戦士のスタンス変化によるゲージ半減が無くなりました。
ナイトはホリスピの火力減。
戦士はアンチェインド/原初の解放のインナービースト消費なし、ヴィント強化、スチサイに回復効果。
暗黒はソウルイーター強化、クワイタスにMP回復追加。

全体的に防御面は変わらず、火力面の調整がなされました。
この時でもナイト>戦士>暗黒みたいな状態。
3.xでナイトの席が無いと散々言われた結果か、
超強化されたナイトはSTとしての席を確固たる物としました。

そして、デルタ編零式4層では暗黒ナイトのペアが非常に多かった感じがします。
4層のネオエクスデスはAAが無く、
ほとんどの攻撃が魔法属性だったのも暗黒に軍配が上がった要因ですね。
撃ってくるエアロガ全てにダークマインドを合わせられるぐらい相性が良かったです。




ffxiv_20180128_145907

その後の4.1で絶バハムート実装。

戦士の操作性向上、シェイクオフが全体バリアに効果が変更。

これだけです。
これだけとはいえ、戦士が全体バリアを持ったという事で、
1人にしかバリアを貼れない暗黒は防御面で劣るという結論になってしまいました。

元々の防御性能自体が戦士と暗黒で大差が無かったため、
全体バリアというのはPTの生命線としてとても大きかったんです。

そして、火力も戦士の方が高いという点。
ワールド1stこそ暗黒ナイトペアでしたが、後続は戦士ナイトの方が多くなった印象でした。





ffxiv_20180414_215318

そして、現行のパッチ4.2。

ここで戦士と暗黒の間で大きな差が出てしまいます。

まず、ナイトはシールドスワイプとホリスピの火力減。
開発としては、戦士>暗黒>ナイトという火力に調整したいんだと思いますが、
現状は戦士>ナイト≧暗黒とやや歪な関係に。

戦士はブレハのバフ効果を下げられた代わりに、他のアクションの火力が少し上がりました。
そして、原初の解放中は確定でクリダイレクト、インナービースト使い放題、
ディフェ中も使用可能、アンチェインドとのリキャスト共有の消滅。


中でも一番大きなのは、
アンチェインドがインナービースト消費無しで、原初の解放とのリキャスト共有が無くなった
という事ですね。

開幕ノーリスクで火力アップバフ使ってヘイトを稼ぐことが出来るのと同じ状態。
暗黒だとDAブラッドスピラーぐらいしかそういう状態にはならないんですよねー。

元々MTとして空いていた火力差が更に広がってしまいました。

更に原初の解放、アンチェインドと同時に使うことによって原初の魂も高火力で使える為、
防御力もなかなかに上がっております。

暗黒もブラックナイトの操作性向上、ブラッドデリリアムのリキャ短縮があったんですがね・・・。

――4.1から開いた差は更に開いてしまった。




4.3では暗黒騎士は一体どうなってしまうのか。

強化される事はPLLで明言されましたね。

欲しいのはシェイクオフやディヴァインベールのような全体バリアスキル。

アンチェインドのような防御スタンスで火力出せるスキル。
圧倒的な力。火力。DPS。






いずれにせよ、俺は暗黒騎士を続けようと思います。

好きじゃないジョブで長く攻略を続けるのは苦痛だと思いますし、

何より、

俺は暗黒騎士が大好きですから、ね!

ffxiv_20180414_220336