最近無双OROCHI3にすばらしきこのせかいを掛け持ちしてやってるコルヌスです!

無双OROCHIの方はシナリオクリアしたし、
武器もそれなりに属性付けたので暇なときにボチボチやるくらいでしょうか。

すばらしきこのせかいは元々DSのゲームというのもあるけど、
操作しにくいのが難点ですね・・・。
ストーリーは続きが気になる展開の連続で楽しいです!

ってそんな話は置いといて、

10/3に無事アルファ編零式4層を踏破できました!

ffxiv_20181003_223513

ffxiv_20181003_223724

出てきた装備は忍者武器とヒラ胴。
固定内で使える装備で一安心といった所ですねw

真ん中でシンクロみたいなポーズしてるのは、
氷と共に舞うのエフェクトを消して撮った奴です。
俺はエモート持ってないので羨ましい!

勝利の余韻に浸りながらも今回のレイドを思い出して、
感想を書いていきたいと思います。
(余韻といっても先週の話ですが・・・)



まずは1層から!
FF1のボス、カオスですね。
デバフ欄が全てのボスでした・・・。
1層からギミック把握が難しくて、
今回はデルタ編やシグマ編より難しそうだなーとひしひしと感じましたね。

DPSチェックは装備さえ揃っていれば割と大丈夫でした。
原作でも4属性の技で攻撃してきたみたいですねー。
原作は未プレイなのでDFFとかでしか戦ったことありませんでしたw



2層、ミドガルズオルム。
タンク的には一番嫌なボスでした・・・。
最初の天地開闢で地のデバフが付くと通しDPSが下がっちゃうんですよねw

ギミック面では魔法障壁の処理に一番手間取りました。
というか今も手間取っていますね・・・。
最後のヒートテイルではなくて、
その前のマーカー対象者に火を吐いてくる奴で受け渡しが遅くて事故が多いw

タンクのデバフの付き方によっては、
テイルエンドに回せるバフが足りなくなっちゃったりして、ランダム性がかなり高いですね。

小ネタですけど、
ミドガルズオルムの技は過去に戦ったドラゴン系のボスと同じ技ばっかり使ってきます。

バハムート:アースシェイカー、エクサフレア
フレースヴェルグ:テイルエンド
ニーズヘッグ:アクモーン、ヒートテイル、マーカーつけて火を吐くアレはIDで無詠唱で使用
神龍:アクラーイ、プロトスター
広がっていく氷の床を設置するのはファイブヘッドドラゴンでありましたよね。

本来の大技であるベータはどこへ行ったんでしょうか・・・w



ffxiv_20181003_231136

3層はオメガ。(画像はキメラ)
初見の時はここでオメガかーって感じでしたねw

技は大体FF5準拠ですね!
初のFFが5だったので感慨深いものでした。
ロケットパンチのバリエーションが多くてビックリしましたけどw

うちの固定では3回目のロケットパンチをLB3で受けるやり方で倒しました!
MT的には2層より楽な感じがしますねー。
ST的には移動が多すぎて大変そう。
DPS詰めるならブラスターの線はレンジが取って、
ナイトでその後のアトミックレイをかばうと良いらしいですが・・・。

暗黒の場合は大ダメージ技のマスタードボムに2個ずつぐらいはバフを回せるので、
合間合間で見切りとアウェアネス使ってなんやかんやする感じ。

1,2層の難易度は今までのオメガ編の中では高かったですが、
3層の難易度は割と横並びな気がします。



ラストの4層はオメガMとオメガF。
更に零式ではオメガの真の姿と戦いました。

前半は中盤からずっと2体の敵を抱えて戦う、珍しいタイプのボスですね。
マップ外から攻撃してくる目の出現位置もランダムだったりで、
すごい極ナイツっぽいなーと思いながら戦ってました。

1体ずつの技を見せて、後半で複合技がバンバン飛んでくるのは、
律動2層→律動4層みたいな流れと似ているかも?

後、このオメガMとオメガFのデザインは、
FF11の最後の拡張パッチのパッケージ絵と、
旧FF14のコレクターズエディションのパッケージ絵のキャラクターがモチーフとの噂です。

ffxiv_20181010_005743


bg_ad


005

うーん、オメガFはまんまそれっぽいですね!

オメガMとFを倒した後、
2体が再び合体して変化するんですが、
アルファであり、オメガであるってセリフを言うんですよね。
FF11の最後のパッケージと
FF14の始まりのパッケージのキャラクターが合体したと考えると、
なるほどな?と思ったりもします。




ffxiv_20181010_005925

合体後のオメガはハローワールドさえ上手く出来るようになれば、
後はそこまで難しくない感じですね。

120分の制限時間内でオメガMとFをサッサと倒して合体後の練習に移らないと行けなかったので、
2回目のハローワールドを超えられるようになるまでは、
戦闘開始カウントを5秒や7秒でやっていましたw

大縄跳びギミックが8割ぐらいあって、誰かがミスると即ワイプ。
ワイプ後、またすぐカウントしてトライ&エラーで挑みまくり、
装備が壊れてしまうこともありました・・・w

当初目標だった2週間でのクリアは出来ませんでしたが、
3週目でなんとか超えられて良かったです!

4週目もサクサクっとクリアして、
DPS全員に武器が行き渡ったので次からの箱は全力でロットします!



また、今回は零式4層がかなり早い段階でコンテンツリプレイが解放されたのもあって、
SSを撮るのにオススメ!

グループポーズの機能や早送り、巻き戻しの機能が無くなったので、
シャッターチャンスを逃すと見直すのがかなり難しいのが困りどころですねw

ffxiv_20181010_005329